ふとっぱらの息子

小学校4年生の息子は本当にふとっぱらなんです。
自分のお小遣いやお年玉を使って、家族にビーフジャーキーを買って来てくれます。
ビーフジャーキーって結構値段が高くて、いつも私は「食べたいのに高いから買えないな」、
と言っていたのを覚えていてくれて買って来てくれたんです。
「じゃーお金払うね」と言ったら「いいの、おごり!」って言うんです。
ふとっぱらでケチな男になるより良いなと喜んでいたのですが・・・
最近、同級生と秘密基地を作っているらしく、その同級生のお母さんから、
「お宅の息子さん、みんなの為に大袋のお菓子を持ってきてくれて、しかも怪我した時の為に絆創膏を用意して持ってきてくれてるんだって。どうも、ありがとう」
と言われ、ビックリしました。私のまったく知らない事でしたし、そんな大袋のお菓子どこにあるのだろう?と思ってカバンや机の中を調べたのですが、
どこにもありません。あれ〜と思っていた時、買い物から帰ってきて玄関の横に袋がある事に気が付き見てみると、そこに大袋のお菓子が隠されていました。
ふっとぱらと言うのかおバカさんと言うのか、ちょっと癒されるエピソードでした。車売ろうと思う、高額で売れるところ教えて