「亜人」が実写映画化、主演は?

累計540万部を超える人気コミック「亜人」が、俳優の佐藤健さん
主演で実写映画化され来年公開されることが分かったそうです。
大ヒットとなった「踊る大捜査線」シリーズを手掛けた
本広克行監督がこちらも大ヒットを記録した「るろうに剣心」の
アクションチームと”500億円超え”タッグを結成し、
実写化困難と言われていた原作の映像表現に挑むとのことです。

それにしても人気漫画からの実写化が目立つ近年ですが、
原作ファンとしては許せない部分も少なからずあると思います。
「実写化はダイジェストのような感じになっているものが多いので、
正直あまり期待できない」というネットの意見もありましたが、
まさにこの一言に尽きます。
実写化される漫画が現在も連載中だと更にそのガッカリ感は
増してしまいがち。
主要キャラのファッションや世界観、そして一番はストーリーをどこまで
大事に実写化してくれるのか。
スタッフも並々ならぬ覚悟で制作に臨むのだと思いますが、
どうかファンを裏切らないような仕上がりにしてほしいものです。

アコム審査