日本では「大安」などの幸運日は混雑しやすいので

あえてオートマチックを選んだのですが、乗りやすさと走りの楽しさが両立した見事なクルマで、ホンダの実力を改めて認識したものです。ところが、日本のモータージャーナリストの一部から、NSXは運転が楽で、スポーツカーらしくないなどという意見も出てきたのです。

これがマニアの不可思議さで、しかも、こういったジャーナリストが自動車雑誌の顧問だったり、市販車の試乗記を書いていたりするのです。
 私もたびたび目にしますが、そのような記事が、ごく普通のユーザーの参考になるとは到底思えません。愉快なのは、NSXが出てから、はっきりと変わったことです。一部の機種にはオートマチックも採用され、非常に乗りやすいクルマになりました。本社も、たとえスポーツカーであっても、ドライバーに苦役を強いるようなクルマではまずいと判断したのです。この例でもわかるように、昔のクルマを懐かしみ、郷愁で語るのは理解できますが、
これらを名車と呼ぶには無理があります。