自動車の購入ときに

アメリカで車を購入するのと、日本で車を購入する際には大きく異なることがあります。
それは、日本では納車は数日待たないとしてくれませんが、アメリカでは、欲しい車種の在庫があれば、その日のうちに乗って買えることができるのです。

何故、こんなことができるのかというと、アメリカは土地がありあまっているということは想像できるかと思いますが、1軒あたりのお店の敷地面積も、そこそこあります。
自動車のディーラーショップであれば、ちょっと郊外にあることが一般的です。
(都心になると、お店の面積もディーラーショップの面積も小さくなります)
ですから、何百台もある自動車をディーラーショップの裏手にある、在庫用車庫とでもいうのでしょうか。
そこに保管しておくのです。ただ、雨や風、日差しにさらされてますが。
でも、何かあればクレーム大国のアメリカですから、対処してくれるので、その辺は特に気にしなくても大丈夫です。

そんなわけで、我が家も車を購入した際には、常に在庫のある車を選択するので、毎回その日に納車され、それに乗って買えるのです。
便利なシステムなのか、車社会だからそうせざるを得ないのか分かりませんが、待たなくてイイのは助かります。憧れなクルマたち