どんな人がメタボになりやすいのか?原因と対策

Published / by user326

有酸素運動が不充分な上にカロリー値の高い献立を特に好んで食べ、お酒が好きな人やスモーカーは、メタボリック症候群に陥りやすいとされます。容姿だけではたいして太ってない様に見えても、実際は消化管付近の脂肪細胞が多く溜まった事も多いのだとか。メタボの予防や緩和のためにどういった手があるのでしょうか。 (さらに…)

ニキビ痕(跡)の種類やその治療法

Published / by user012

ニキビ痕(跡)を家庭のケアでキレイにするのはなかなか難しいものです。ニキビは炎症を起こしてしまうと、治った後でもニキビの痕が残ってしまうことがあります。そうならないためには、早期の治療をおススメします。痕(跡)がどれだけ残るかは、ニキビがどれだけ進行したかや、ニキビの出来た部位などにもよりますし、体質も関係するので個人差があります。

ニキビ痕(跡)は、出来てしまったニキビの炎症により周囲の組織がダメージを受け、傷跡(瘢痕)として残ってしまうもので、状態によって次の2つに分けられます。クレーターは、毛穴とその周囲に強い炎症が起こったことで、真皮がダメージを受けコラーゲン組織が破壊され落ちくぼんでしまった状態です。ダメージを受けたコラーゲンの再生を促さないと肌は盛り上がってきません。

残念ながらクレーターは、ホームケアで治すことはできません。クリニックで、コラーゲンを作る作用のあるレーザーを当てたり、新しく肌を生まれ変わらせる効果のあるピーリングを行なったり、凹んだ部分にコラーゲンやヒアルロン酸等を注入してくぼみを盛り上げる方法があります。また真皮のコラーゲンを作るといわれているレチノイン酸をクリニックで処方してもらい、塗布するのも有効です。

同時にビタミン剤の内服もおススメします。また、普段のスキンケアにおいても、イオン導入器でのビタミンCの導入、家庭でのピーリングなども効果的です。日常生活においても、規則正しい生活を送り、ストレスを溜めないように気を付けましょう。炎症によって肌に赤みが残ったり,メラニンが過剰に生成され、色素沈着を起こしてしまうことがあります。

時間が経てば、正常に戻ることが多いのですが、正常な状態になるまでの期間は個人差があり、長い方では1年以上かかる方もいます。ニキビが進行して炎症が起こり、赤みが生じた場合、なかなか消えなくなることがあります。盛り上がっていたのが平らになって、ニキビはほぼ治っているのに、赤みだけがいつまでも残っているという状態です。

皮膚に傷ができた場合、毛細血管が豊富に形成され皮膚を再生させますが、ニキビの痕(跡)の赤みも傷を治そうとする働きでできた毛細血管の増生、拡張によるものです。毛細血管が多いと中にたくさんの血液が流れているので、表面から赤く見えます。ある程度、日数が経てば薄くなるものもあります。炎症が起こった後の赤みが茶色いシミになることがあります。これを、炎症後色素沈着といいます。
(さらに…)

ふとっぱらの息子

Published / by user046

小学校4年生の息子は本当にふとっぱらなんです。
自分のお小遣いやお年玉を使って、家族にビーフジャーキーを買って来てくれます。
ビーフジャーキーって結構値段が高くて、いつも私は「食べたいのに高いから買えないな」、 (さらに…)

青魚のEPAが高血圧に効く

Published / by user059

近頃、青魚を高血圧予防に生かす女の人がぐんぐん増加しています。

使い方は簡単で、化粧水の前後に塗ったり、既にご使用になっている高血圧予防化粧品に混ぜて使うだけでいいんです。
もしくは、メイク落としの代わりに使ったりマッサージオイルとしても活躍するそう。もちろん、日々の食事にプラスするだけでも高血圧予防につなげることができます。
(さらに…)

社の再建や再起業に力になってくれる

Published / by user044

社の再建や再起業に力になってくれる・・・それが日本政策金融公庫です。銀行の多くは定期預金を元にいくらまでは無担保・無保証で融資が可能です。しかし基本的には日本政策金融公庫の融資は必ず保証人が要ります。日本政策金融公庫は預金受け入れ業務がないからです。 (さらに…)